田舎アソビ

旅人宿昭栄

弟子屈町 ライダーハウス&ホステル 

°田舎アソビ

弟子屈町旅人宿昭栄管理人

台湾一日目 新千歳空港→台中

今日からは台湾の備忘録もかねて、ただの日記です。

 

夕方4時頃のフライトで台湾に飛びました。

 

いつもの新千歳空港を抜け国際線のロビーへ。。。

f:id:sdawo-vent:20171122092330j:plain

 

国内線より、めっちゃかっこいいやん。

 

無機質な国内線とは違って開放的でとっても広い。お客さんは七割くらいアジアの方でした。日本人はほぼみることもなく。まぁ時期が時期だしね。

 

で、出国審査やら入国審査やら、初めてのことばかりに緊張しつつも桃園空港無事つきました。午後九時前くらいでしょうか。

 

で、空港でやる子をさっそうと済ます。

 

 

まずは両替を。

国によっても違うようですが、台湾の場合、空港での両替が何度かこの旅でした両替の中で一番条件が良かったみたいです。

 

あとはSIMカード

中華電信という電話会社のを選択しました。

 

二人だしルーターでもよかったのかもしれないけど、はぐれたとき困るし、充電するもの増えるしという事で一人一枚づつ。

15日間のプランで2800円程(700元)

通信は早いし、通話も少しはついてるし、どんな田舎に行っても標高3000メートルに行っても圏外にならないすごいやつでした。大満足です。

 

空港での用が済んだらさっそくバスに乗ってバイクを貸してくれる人のいる台中へ。

f:id:sdawo-vent:20171122094125j:plain

UーBUSというバスでしたが、せきはひろいし各席にUSBの充電付きでした。

 

2時間ほどで台中

f:id:sdawo-vent:20171122094720j:plain

 

SYMやKIMCOのスクーターで台湾に来たことを実感しました。

友達と合流してさっそく夜ご飯に連れてってもらいました。

f:id:sdawo-vent:20171122095111j:plain

魯肉飯と虱目魚湯、白菜の小皿と、排骨の煮たの?

 

魯肉飯は台湾で一番好きです。最後の最後まで食ってました。店によっても味が全然違うのでまた楽しい。

賽の目状の豚バラの角煮のようなものかけご飯です。超うまいのに超安い。

一杯100(25元)とか

上にかかっているのは肉の鰹節みたいなの。肉松というらしい。

日本の角煮ほどはっきりした味でなく優しい味。とにかく優しい。笑

クックパッドにレシピがあったので作ってみようと思っている。

 

スープは虱目魚という聞きなれない魚。

ミルクフィッシュ、台湾では「サバヒー」という。世界一養殖されている魚なんだとか。

味は魚に脂がめっちゃ乗っててとろとろしている感じ、スープ自体は基本「ショウガのみ」という感じでとてもやさしい味です。

 

他の二品も見た目は濃そうですがとても素朴な素材の味でした。

 

これからのご飯に期待の持てる夜でした。

f:id:sdawo-vent:20171122101227j:plain

 

謎のドラえもんカーというか飲食店の開店時間がすごい。軒並み深夜までやってる。

 

そして宿はアパートにとめさせていただくことに。。

何から何まで本当にありがたい。。。。

f:id:sdawo-vent:20171122101350j:plain

 

明日は台中観光&旅の買い物