田舎アソビ

田舎アソビ

弟子屈町 旅人宿昭栄管理人のブログ

°田舎アソビ

弟子屈町旅人宿昭栄管理人

宿の概要

連絡先  090-63644413

 

 

 

始めまして、道東は弟子屈町で旅人宿昭栄というお宿の管理人をしております。

 

鈴木と申します。

 

 

宿の概要

4-9月 一泊千円

10-3月 一泊二千円

 

男女別相部屋(布団ありシーツなし)

自炊設備あり

シャワーのみ、洗濯機乾燥機あり(各200円)

女性専用部屋あり。

 

ブッキングドットコムなどにも掲載してありますが、電話で予約いただければ一番安いです。

 

バイク以外にも車、自転車、電車すべて受け入れています。

電車を利用する場合はJR釧網線、南弟子屈駅より歩いて3分ほどになります。

釧路と網走を結ぶ線なので、電車旅にもどうぞ(運行数は少ないのでお気を付けください。)

 

 スタイル

基本的には管理人は出しゃばらずお客様で自治しています。

 

夏は外でBBQをしたり、中でも宴会をしたりします。管理人が音頭を取ってやることはあまりないのでお客さんで勝手にやっている中に僕が参加させてもらう感じです。

 

管理人もバイク好きなので暇そうだったら日帰りツーリングとか誘ってください。

 

冬場はお客さんも少ないので多少出しゃばります。

 

冬場はスノーモービル、雪板、スノーボード等管理人が遊んでいることが多いと思います。暇なら一緒に遊んでください。

猟師でもあるのでシカ猟等興味がある人は聞いてみてください。本当に興味があれば同行してみてください。

 

 

設備

f:id:sdawo-vent:20170901103341j:plain

宿の外観です。

 

f:id:sdawo-vent:20170901103346j:plain

リビングスペースです。

WIFIがあります。(強くない)漫画も多少あります。

 

f:id:sdawo-vent:20170901103350j:plain

キッチンスペースです。自炊等自由に利用できます。

皿や調理道具は一通りそろっています。調味料は皆さんが置いていってくださるものや私が気が向いた時に買ってくるので、基本のもの以外はよくわかりません。

f:id:sdawo-vent:20170901103357j:plain

f:id:sdawo-vent:20170901103401j:plain

シャワー(200円)、洗濯機、乾燥機(合わせて500円)

 

別料金になりますのでよろしくお願いいたしますf:id:sdawo-vent:20170901103409j:plain

部屋は一般的な和室です。

こちらに布団を敷いて雑魚寝することになります。場所は早い者勝ちです。

 

台湾11日目 花蓮→太魯閣

f:id:sdawo-vent:20180119135249j:plain

毎度朝ごはんの写真から始まります。

 

ちまきやら焼きまんじゅうみたいなん。うまいうまい

f:id:sdawo-vent:20180119135253j:plain

という事で今日もたくさん歩こうと太魯閣国立公園

f:id:sdawo-vent:20180119135258j:plain

天気はあいにくの雨のためびしょびしょになりながらカッパ着て歩く。

f:id:sdawo-vent:20180119135303j:plain

雨降っても水の透明度は大したもんでした。ただ雨がまた強くなってきたので博物館やら見て、花蓮に退却。

 

花蓮は美食の町だそうなので、いつものように食べ歩くことに

 

f:id:sdawo-vent:20180119135313j:plain

屋台の前で常に20人くらい人が待ってる葱油餅。

弾力のある生地にあげた卵とピリ辛ソース。

ジャンクな味かもだけどめっちゃおいしい。

 

f:id:sdawo-vent:20180119135317j:plain

そのあとは小籠包と蒸し餃子。この度何度目かわからんけどもう本当に最高です。

これ食べるためだけに台湾もう一回行きたいくらい。

 

ってかんじでまた食べ歩きして、ホテル戻って就寝。

夜ご飯は火鍋食べた気がする。臭豆腐が本当に無理だった。二度とくわん。

台湾 10日目 台東→花蓮

f:id:sdawo-vent:20180118144358j:plain

朝、起きてから同宿のお姉さんと一緒に朝食へ、

 

地元の人しか行かない屋台のようなお店。

 

台東は日本統治時代の名残が濃い地区らしく、店に来てたほかのお客さんが日本語で話しかけてくれる。しかもかなり流暢に。

60歳より上の世代はまだまだ口伝で話せる方が多いみたい。

 

f:id:sdawo-vent:20180118144409j:plain

朝ごはんも終え宿までのお散歩。

途中小学校のグラウンドとかに寄り道。台湾の小学校は一般開放されているみたい。

 

f:id:sdawo-vent:20180118144423j:plain

 

これが宿。なんかとっ散らかってるかと思いきや。めっちゃいいとこよほんとねこめっちゃ可愛いし。

 

f:id:sdawo-vent:20180118145317j:plain

出発前も散々グダグダして、お姉さんにお勧めされた足つぼに寄りながら花蓮を目指す。

f:id:sdawo-vent:20180118145325j:plain

ちなみに足つぼはほんとに痛くないとこは全然痛くないし痛いとこは親の仇のように痛かったです。

台湾9日目 懇丁→台東

皆様明けましたね。。

 

時間もだいぶ空いてしまいましたね。

 

年末年始はおかげさまで宿の方は盛況に過ごすことが出来ました。

冬シーズンの北海道。本州の皆さんには恐ろしいイメージもあるかと思いますが、美しさもひとしおです。ぜひお試しあれ。

 

 

さて、台湾の備忘録を続けていきます。すでに忘れかけているのはご愛敬です。

 

この日は懇丁~台東に向かいます。

 

 

 

f:id:sdawo-vent:20180112175933j:plain

朝ごはんはパイのトーストサンドみたいなやつ。味は微妙。

 

 

f:id:sdawo-vent:20180112175940j:plain

 

島の東側に入った瞬間、人気が消えるとともに突風が吹き荒れていました。

どうやら年中そんな感じの気候のようです。

f:id:sdawo-vent:20180112175946j:plain

f:id:sdawo-vent:20180112175952j:plain

途中、地元の人間に聞いても知らないといわれるほどの野湯があるとかで探検がてら入りに行くことに。

近くの博物館のようなとこで聞いても「4年前の台風でなくなった」といわれる始末。

 

それでもあきらめずに行ってみるとありました温泉。

写真の池のようなとこ、結構ぬるめで若干緑。そして地面はドロドロでめっちゃ動くと混ざるやつ。

ただなんだかんだ気持ちよかったです。道路から丸見えだったけどたぶん。

 

 

f:id:sdawo-vent:20180112175957j:plain

写真がなかったので飛びますが。やどは「有人在家」0という台湾でもたぶんすごい人気なゲストハウスに。

 

 

めっちゃいいとこ。猫がいっぱいいて可愛いし。宿の人も気さくで楽しい良いところでした。

 

 

大分端折ってる気もするけどこの日はおーわり。

 

台湾8日目 懇丁

台湾8日目です。

 

本日は旅も中間だしゆっくりしようデー。

 

早速海におよぎに行ってきました。

f:id:sdawo-vent:20171228141621j:plain

f:id:sdawo-vent:20171228141641j:plain

北海道で暮らしているとおよぐことないんてまずないので存分に遊んできました。

 

ただ台湾とはいえ11月となるとそれなりに水温は冷たく泳いでる人はまばらな感じ。

 

ただバナナボートやら砂浜バギーやらアトラクションがたくさんありました。なんもやってないけど。

午前中しっかり海で遊びすぎてこれからの数日間全身の日焼けに悩まされました。

 

f:id:sdawo-vent:20171228141858j:plain

海の後は台湾最南端を目指します。写真はその途中のサンゴの砂浜。

ここは遊泳禁止となっておりますが夕日スポットとして有名のようです。

f:id:sdawo-vent:20171228142825j:plain

 

とはいえ釣り人も多いので岩礁側にはこんな看板。なんか好き。

 

f:id:sdawo-vent:20171228142926j:plain

最南端近くの国立公園の遊歩道にて。キスしてるように見える岩だそうな。

 

にしても台湾に来てからは毎日なかなかの距離を歩いていました。

普段の運動不足が効きますね。

f:id:sdawo-vent:20171228142933j:plain

なんやかんやと最南端のモニュメント。

途中の道すがらは鹿児島の佐多岬のよう。もしかしたらここも私有地なのかしら。

 

f:id:sdawo-vent:20171228142939j:plain

くたくたになって宿に戻り、すぐ近くの牛肉麺

野菜ゴロゴロおいしかったです。

 

 

台湾 7日目 高雄→懇丁

気を抜くとすぐ時間が空いてしまっていけませんね。

 

台湾の旅も7日目、全行程の折り返しになります。

忘れないうちに早く書ききってしまわねば。

 

高雄のホテルにて起床

 

 

f:id:sdawo-vent:20171225153355j:plain

朝ごはんは鶏肉飯(ちーろーはん)と鶏スープ。

魯肉飯と比べると鶏だけあってあっさり目。ただたれは同じような味付けでやっぱりめっちゃうまい。

f:id:sdawo-vent:20171225153403j:plain

朝飯の後は日本占領時代の建物が残っている地区へ。

武道場や、警察や、一般のお店だったとことか。

武道場では剣道の指導が行われていました。

 

f:id:sdawo-vent:20171225153410j:plain

奥に見えるのが高雄の市街。

前回話したように高雄の町は本当に空気が悪かった。笑

 

せっかく天気もいいのだし早々に目的地を目指す。

本日の目的地は懇丁。台湾もついに最南端である。

 

f:id:sdawo-vent:20171225153418j:plain

途中、漢字だけで何かわからないまま注文したもの。

どうやら田ウナギの焼きそばだったようです。

味は普通に焼きそば。田ウナギはおいしくもまずくもない微妙な感じでした。

 

 

道中進んでいるとどうやらマンゴーの名産地の様子。

これはと思いお店に寄るがびっくりするほど観光地価格だった。

しょんぼりしながらまたしばしの運転。

 

f:id:sdawo-vent:20171225153424j:plain

するとやっぱりあるもんですね安いところが。

まるでマンゴーのそのまま凍らせたような。これ。確か50元。多分さっきの店なら300元くらい。

もうずっと食べてたいくらいおいしかった。

 

f:id:sdawo-vent:20171225153431j:plain

店はこんな感じで、おばちゃんが三人くらい並びながら果物の皮をむいてジュースとか作ってました。試食もくれるし最高。

懇丁までの道のりもあと少し。

 

 

f:id:sdawo-vent:20171225153437j:plain

懇丁に到着しホテルに荷を置いて夕陽を見に残念ながらこんな感じでしたがそれもまた旅行だなぁと。日本一周をしていた時を思い出します。

 

f:id:sdawo-vent:20171225153443j:plain

 

 

f:id:sdawo-vent:20171225153449j:plain

f:id:sdawo-vent:20171225153456j:plain

弾にはちゃんとしたお店でご飯をという事で飲酒を。

マンゴーのビールおいしい。子供の味覚しか持ち合わせていない私には最高です。

 

空心菜や、鳥のすごいやつや結構な量を平らげましたが写真がなかったので割愛。

 

腹ごなしに夜市を散策してこの日は終了。

明日も続けて懇丁に滞在。

 

台湾六日目。 台南→高雄

今日は台南から旅人宿昭栄にも泊まってくれて仲良くなったホンさんに会いに高雄まで!

 

 

そんなに距離もないので、午前中は台南での食べ歩き。。

とりあえず早贄店(朝ご飯や)

台湾には大量にあります。

愛知出身の俺からすると喫茶店のモーニングと同じような感覚。日本にもほしいなぁ。

 

f:id:sdawo-vent:20171211094213j:plain

昨日の夜市で虜になった葱油餅。

とってわかりやすい味でまぁうまい。

 

f:id:sdawo-vent:20171211094220j:plain

市外から少し走って砂浜に続く遊歩道

夜に行ったら光ったりするのかなぁ。

ちょうど砂浜で芸術展示の準備してました。

f:id:sdawo-vent:20171211094224j:plain

市街に戻ってまた食べ歩き。イカのビーフ

店のメニューはこれだけという徹底。毎度おなじみの優しい味。

f:id:sdawo-vent:20171211094231j:plain

f:id:sdawo-vent:20171211094236j:plain

いよいよ出発の前にデザート。

杏仁豆腐かき氷。

上がゴマで、下がパイナップル。

最高においしい。安い。盛りだくさん。

 

 

ここから一気に高雄へ。

 

ホテルにチェックインしてホンさんと合流。

 

ホンさんに高雄の観光案内してもらいました。

 

f:id:sdawo-vent:20171211094241j:plain

縁起がいいという龍の道。ちなみに中は地獄のことがたくさん書いてありました。出口は虎。

 

 

f:id:sdawo-vent:20171211094248j:plain

台湾の観光キャラクターとホンさん。

後ろに見えてる湖は蓮がいっぱいあって咲いてる時ならきれいなのかも。

ただ水はめっちゃ汚くて魚の水死体が上がっておりました。。。。

 

工業の町だからか高雄の空気はとっても霞んでた。。。。

 

f:id:sdawo-vent:20171211094252j:plain

f:id:sdawo-vent:20171211094257j:plain

 

で、観光夜市へ。

めちゃめちゃ観光。ほかの夜市の倍くらいの値段。

観光バスの大群もいて、この度で初めて日本人を見かけました。

f:id:sdawo-vent:20171211094303j:plain

世界一周の人もいた。

f:id:sdawo-vent:20171211094326j:plain

海老か牡蠣のオムレツ。

オムレツだけど卵だけではないようで、生地はお好み焼きのようにしっかり。

f:id:sdawo-vent:20171211094334j:plain

大腸包小腸 

ホットドックのお餅版?

f:id:sdawo-vent:20171211094354j:plain

おそらくイノシシの肉。

スペアリブなんだろうけど骨が多すぎて肉がまぁ少ない。。

 

なんだかんだたくさん食べてるなー。

 

一日を通して高雄は大都市過ぎて僕らにはあまりあわなかったようです。笑